• ホーム
  • 食前20分前にレビトラを飲めばメンタルが落ち着く

食前20分前にレビトラを飲めばメンタルが落ち着く

嬉しく笑う男性

EDは病気ですので放置するのではなく、早めに対応することが大切です。
多くのEDの場合には、陰茎への血流が悪くなっていることが原因であると考えられます。
血流を改善することによって、勃起力を取り戻すことが可能で、ED治療薬を飲むことで治療が行えます。
病院で処方を受けられるED治療薬としては、バイアグラとレビトラ、シアリスがあります。
レビトラはバイアグラの次に販売が開始されたED治療薬で、世界的に広く知られています。
レビトラは食事の影響を受けにくい特徴がありますが、完全に影響がないというわけではありませんので注意が必要です。
薬の効果をしっかりと得るためには空腹時に飲むほうが良く、食前よりも20~30分ほど前に飲んでおくことが良い方法となります。
食事を摂る時間帯に近いときにレビトラを飲んでしまうと、食事による影響を受けて薬の効果が弱まります。
食後であれば2~3時間ほど間隔を空けてから飲むことで、十分に効果を感じられるようになります。
EDを発症する原因としては、メンタルの影響もありますので、万が一薬の効果が現れないと思ってしまうと勃起力が弱まります。
レビトラは20mgのものを飲んでおけば、10時間ほどの持続力がありますので安心ですが、不安を感じる人であればシアリスを選択する対策法もあります。
シアリスは最長36時間の持続性が認められていますので、あらかじめ飲んでおけば性行為の最中に勃起しなくなるという事態を防げます。
シアリスを飲んでおくことで、メンタル面の影響で勃起できなくなっている人であっても改善効果があります。
レビトラやシアリスは病院で処方を受けることが可能ですが、病院まで行く時間が無いときには通販で購入することも可能です。
個人輸入を代行している業者のホームページから購入することができて、病院での処方よりも安値で買えます。