• ホーム
  • 病院診療で治療薬としてレビトラを提供してもらえる

病院診療で治療薬としてレビトラを提供してもらえる

病院に行けば、ED治療薬を処方してもらうことが可能ですが、その中でも最も即効性がある薬として有名なのがレビトラという薬です。
診療を受けて処方しても問題ないと判断されれば即日にもらうことができます。
レビトラのメリットは、服用したあとの身体に対する副作用がバイアグラほどでないことにありました。
バイアグラの場合は、服用することそのものにかなりの制限があって、特に食事と一緒に服用することができない少強化にありました。
レビトラではこのようなことはなく、アルコールやグレープフルーツといった極小数の食べ物を覗いて当たり前のように食前や食後に薬を服用することができます。
バイアグラ時代に空腹の状態で服用しなくてはならなかったのは、そうしないと勃起治療薬としての効果を十分に発揮することができないという事情があったからです。
その点、レビトラではこのような問題点を容易に克服していますので、少なくとも普通の食事で予期せぬ副作用や身体への負担を感じるようなことはなくなりました。
また、薬の効果として非常に有効なのは即効性のある薬であるにもかかわらず薬としての持続時間が非常に長く継続することにあります。
本来、薬の中でも即効性のある薬は持続時間が短く、実感できる作用はそれほどないのですがレビトラの場合には服用後1時間もせずに効果を発揮することができる上にその効果を10時間自覚も継続させることが可能です。
デメリットが少ない上に薬としての効果も非常に高くなっていますので、安心して服用することができるわけです。
レビトラを含めた近年開発されている薬は、患者に対する副作用をなるべく出さない形で開発がすすめられていますので安全性は非常に高いということを知っておきましょう。