• ホーム
  • レビトラを分割して使う|抗うつ剤によるED

レビトラを分割して使う|抗うつ剤によるED

微笑む男性

ED(勃起障害)治療薬のレビトラは錠剤タイプなので、分割して使うことも可能です。
カプセルタイプの薬は、中身を取り出して小分けにして飲むことはできませんが、錠剤タイプであればピルカッターなどで分割して使っても構いません。
レビトラは即効性がうりの薬で、服用してから15~20分程度で効果があらわれます。
他のED治療薬は1時間~4時間かかるものもありレビトラの即効性は、かなりすごいことがわかります。
レビトラは食事の影響を受けにくいと言われていますが、総エネルギーの脂肪の割合が30%以下で、カロリーは700kal程度までに抑えないと食事の影響を受けて効果が弱くなったり、効果が出るまでに時間がかかってしまうことがあります。
あくまで標準的な食事をした場合について食事の影響を受けにくいということなので、食事をするときには注意しましょう。
レビトラはPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という、血管拡張物質を壊してしまう酵素の働きを阻害する薬です。
酵素の働きが抑えられると血管拡張物質が分解されなくなり、血管拡張物質の血中濃度が上がって血管が広がります。
また、拡張が維持されることで中折れなどの症状も改善することができます。
EDには体が原因の器質性ED、心が原因の心因性EDに加えて、薬の副作用によって起こる薬剤性のEDがあります。
薬剤性のEDで多いのが、抗うつ剤によるEDです。
抗うつ剤にはSSRIやSNRIなどがあります。
これには性欲減退の報告があります。
ED治療薬と抗うつ剤の併用は禁忌にはなっていませんが、抗うつ剤の影響でED治療薬の作用が弱くなってしまう可能性はあります。
うつ病の治療薬を変えることで薬剤性のEDを抑えられる場合もあります。